アーカイブ | 11月 2017

DVD プレスとコピーの違い

わが家がよく利用していたTSUTAYAが先月閉店してしまい、それからDVDは借りていませんが、ちょっと見たいDVDがあるので閉店したTSUTAYAよりもちょっと先にあるレンタルショップに行ってみようと思います。
本当はDVDを買ってみたいけど、数回しか見ないので買うのはちょっともったいなくていつもレンタルしてしまいます。

閉店したTSUTAYAは工事が始まっていてDVDや本はすでに撤去されていました。
撤去されたDVDってどこにいっちゃうのかなぁ?
できれば格安で売ってくれれば買ったのになぁ。
お店で販売されているDVDはコピーされたものではなくDVDのプレスですよね。
DVDプレスはマスターディスクのデーターによって金型(スタンパー)を作り、これを元にDVDを作っていきます。
販売で幅広く配布する際にはプレスを利用し、少数の配布や自家用の場合にはコピーを利用します。
コピーの場合だとプレイヤーとの相性が悪い場合にはうまく再生できない場合もあり、時間が経つとデーターが読めなくなることもあります。
ただ少数の場合でプレスを利用すると費用が高くなり、納期もコピーに比べて長くなりますが、品質を考えるとDVDプレスの方がいいと思います。

この投稿は2017年11月3日に公開されました。